(2/2)かわね大まめまき大会!川根小学生も実行委員に参加!

こちらのイベントは終了しました。

2月2日、川根小学校に鬼が襲来します!

『かわね大まめまき大会』

豆まき大会では川根地域の伝統的な豆まき様式を小学生が調べ、それを再現します。

地域の実行委員によってスタートした企画ですが、実行委員のメンバーとして川根小学校の5・6年生も参加。

学校行事とも地域行事とも違った、新しいイベントのかたちが実現しそうです!

「11月24日に開催される川根小学校50周年イベントにもつなげていきたい」と川根小学校の校長先生は語っています。

『かわね大まめまき大会』概要

日時

2018年2月2日(金) 14:00〜15:00

場所

島田市立川根小学校 体育館

住所:静岡県島田市川根町家山400−1

電話:0547-53-2004

参加

参加無料 申込不要

参加対象者

  • 川根地域のみなさん
  • 川根の節分に興味がある人
  • 川根小学校の取り組みに興味がある人
  • 鬼になりたい人

問い合わせ先

かわね大まめまき実行委員会

事務局 兼 川根小学校地域コーディネーター 村松

TEL:090-2614-6168

川根町の伝統的な節分様式を再現

川根豆まき大会では川根地域の伝統的な節分様式を再現。

3・4年生が地域のお年寄りなどにインタビューし、調査した内容をもとに「鬼対策」がすすんでいます。

当日は調査内容の発表と、実際に「やいかがし」の制作とデモンストレーションを行う予定。

一般的にヒイラギの葉が使われますが、川根の地区によっては香花(こうばな)を使うこともあるらしいです!

当日はどんな「やいかがし」が登場するのでしょう??

川根小学生が実行委員として参加

当初、実行委員は地域の有志によって組織されていましたが、小学生も「お客さん」ではなくスタッフの立場で参加することになりました。

特に5・6年生は実行委員としてPR活動・会場設営・来場者案内…など、大人顔負けに活躍してもらいます!

この豆まき大会は、川根小学校が総合学習のふるさと教育として取り組む『川根ラブアクション』の一環として位置付け。

「地域と学校の協働」というかたちを実現するためのモデルになりそうです。

川根小学校50周年イベントにもつなげたい

「この地域と学校の協働のモデルは、11月24日に開催される『川根小学校50周年記念イベント』につなげていきたい。」

と川根小学校の石原校長先生は語っています。

2018年は川根小学校創立50周年。

11月24日のイベント開催にむけて準備がすすんでいます。

豆まき大会では「鬼」募集中!

かわね大まめまき大会では「鬼」を募集しています。

  • 子どもたちを楽しませたい!
  • 子どもたちをおどかしたい!
  • 私の心の中には鬼がいる!

そんな方を募集してます!衣装の持ち込み歓迎!

The following two tabs change content below.

ムラマツ リョータロー

地域おこし協力隊
静岡県島田市川根地区地域おこし協力隊。自称「かわおこ隊」。 静岡県焼津市出身。30歳まで福祉・介護の仕事を経験。 活動の様子はブログ「 りょたろぐ」をチェック!!

みんなにこの情報を教える!

\最新情報を自動で受け取る/

Facebookページを「いいね!」
(2/2)かわね大まめまき大会!川根小学生も実行委員に参加!
「かわねのまとめ」FBページに「いいね!」して
最近記事を受け取りましょう!