静岡県の茶畑の中にある廃墟『笹間渡発電所跡』!『世界の何だコレ!?ミステリー』で話題に!

川根のスポット

静岡県の山奥。大井川をはさんで対岸に見える、茶畑に囲まれたコンクリートの建物。

どうやら廃墟のようです。が、川と山に囲まれておりどうやって行くのか地元の人も知らない。

そんな川根の謎のスポットがフジテレビの『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介されました!

『世界の何だコレ!?ミステリー』で紹介された川根の謎エリア

2018年1月17日(水)に放送されたフジテレビの番組『世界の何だコレ!?ミステリー』で川根のある場所が紹介されました。

整えられた茶畑に囲まれた、四角いコンクリートの廃墟。

番組で紹介されたのは静岡県島田市川根町笹間渡にある 『笹間渡(ささまど)水力発電所跡』

今回は静岡県、長方形の建物らしきものがある謎エリアへ!周囲は川と森に囲まれていて、そこへたどり着く道は確認できない。このエリアは一体何なのか? 謎の建物に向かって、歩けそうな道をひたすら歩き大調査! 付近の森の中には不可思議な形をした建造物も発見!これらの建物の正体は!?

引用:世界の何だコレ!?ミステリー – フジテレビ

『笹間渡発電所』の場所はココ!Googleマップで確認!

いまから50年以上前に運転を停止した笹間渡水力発電所。

一種、異様な空気を感じます。

歴史
所有:東海紙料[運開]-不明-中部電力[廃止]
昭和 6(1931)年:運用開始
昭和36(1961)年3月31日:中部電力所有、廃止

引用:水力発電所ギャラリー 東海紙料笹間渡発電所 – 水力ドットコム

番組内でも紹介されたGoogleマップの衛星写真がコチラ。

すでに廃墟となっており住所はありません…。

行き方がわからないと話題に

大井川鐵道笹間渡駅からそれほど遠くない場所ですが、川根の地元の人に聞いても

「行ったことがない」

「行き方を知らない」

という回答ばかり・・・

これは本当に入ってはいけない場所なのか?

番組では大井川の岸沿いを歩くルートで笹間渡発電所を目指していました。

ネット調べてみると廃墟マニアのような方がブログでレポートを公開。

大井川の対岸の鵜山森林公園から河原に下りて、大井川を徒歩で渡る(!)というルートで到達したという話も!!

この記事のまとめ

  • フジテレビの番組『世界の何だコレ!?ミステリー』で川根の『笹間渡水力発電所跡』が紹介された。
  • 地元の人に聞いても発電所跡までの行き方がわからない。
  • 大井川を渡った廃墟マニアの人がブログやSNSで写真を公開している。

ぼくも川根に移住して2年ですが、笹間渡水力発電所は対岸から眺めるばかりで行ったことがありません。

ずっと気になっているんですが行き方がわかりません…。

引き続き調べていきたいと思います!

The following two tabs change content below.

ムラマツ リョータロー

地域おこし協力隊
静岡県島田市川根地区地域おこし協力隊。自称「かわおこ隊」。 静岡県焼津市出身。30歳まで福祉・介護の仕事を経験。 活動の様子はブログ「 りょたろぐ」をチェック!!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
川根のスポット
かわねのまとめ